タグ: アンテナ

オートアンテナチューナーSG-239

自宅からは簡単にマルチバンドに出たい.そう考えてG5RVとか色々検討しましたが,やはりオートアンテナチューナーから入るのが手っ取り早いと考え検討を開始しました.
海外(HRO)から輸入したのは,SGCのSmartuner SGC-239です.これは防水ケースなしのモデルです.そのため,屋外に常設するために電気工事用のケースを使いました.扉で開閉して中にブレーカーとかを設置する様なやつですね.以下の仲間でサイズは少し大き目の2525を選びました(ACアダプターも内蔵するため).

SG-239は,アルミのシールドケースで覆われていますので,それを一旦はずします.
以下が,中身の基板,結構きれいな仕上がりで,丈夫そうな部品がならんでいます.

次に,背面のアルミケースを電工ケースの中の木の板に木ネジで装着.

大き目な箱なので,内部に秋月でゲットした12V ACアダプターもつっこみ,外へは,屋外用ACケーブルを出します.
ケースの上部には,ランダムワイヤーとカウンターポイズ用の端子を用意,ケースとの境目は,一応シーリング.下部には,M接栓を同じくシーリングして装着.

これで完成です.
3m,5m,10mくらいの線をカウンターポイズとして束ねてベランダにはわせ,空中線は,12.2mとのことでしたが,適当に13mの電線を用意,Inverted Vみたいな形で最高点がベランダから+5mくらい,という適当な設置です.
夜になってから,JL1NIEさん,JG1GPYさんにお願いしてテストしたところ,3.5MHz-24MHzでほぼほぼ良好に飛んでいる感じでした.ただ,受信の方はFT-450のIPOのON/OFFを勘違いしていたこともあり,なんか耳が悪く感じたので,もう一度トライする予定です.ちなみに,28MHzはなかなかうまくチューンせず家の中のPCのスピーカーからノイズが出たりしたので,断念.50MHzに関しては仕様上もチューンしないのですが,FT-450の内臓チューナーとセットでチューン出来,それなりに飛んだ様です.正しい使い方ではないかも知れませんけど.
夜中にご協力いただいたJL1NIEさん,JG1GPYさん,ありがとうございました.

お坊山SOTA(JA/YN-050)

7月23日に山梨県のお坊山にSOTAアクティベーションに行きました.
登山前から天候が危ぶまれましたが,曇り空の下,枡形山無線倶楽部のJL1NIE局,JG1GPY局と頂上を目指して登りました.電力会社が送電線をメンテするための登山道の様で,鉄塔と送電線にそってまっすぐに登る傾向があり,あまり道が巻いていないので,なんとなく息が辛くなります.
特に,下の方では気温も高く湿度も高めで,体力の消耗が激しいですが,尾根へ出ると涼しい風が通り抜け,気持ち良く登れました.
山頂では,以前から用意していたメガネフィーダー+ダイポール+Zマッチチューナーで夢のマルチバンドを狙っていたのですが,なんと坊主!
原因として考えられるのは,(1) ダイポールの端子台が木製で,そこが雨に濡れた影響,(2) メガネフィーダーの余分が地面に転がっていた影響,(3)Zマッチチューナーの損失,(4)コンディションが悪かった?,と色々あります.
やはり,自宅で実績がないまま山へ持っていくのはリスクが高いですね.
でも,SOTAの良いところは,例え坊主でも,知らない山に登った充実感が得られることでしょうか?
帰りの温泉も含め楽しく過ごせました.

200Ωメガネフィーダー

G5RVというか,バランなし+ダイポール+メガネフィーダー+ZマッチアンテナチューナーでSOTAの際の軽量マルチバンドアンテナを実現しようという目論見です.
200Ωのメガネフィーダーは,秋葉原のオヤイデで扱っているので,以前購入済.先日入手した新型のタモ網ポールに5mのエレメントを左右にはり,そこからメガネフィーダーを8m.当初5mで試したり,2m延長したり,色々試しましたが,Zマッチはチューニング範囲が広いみたいなので,まあ,何mでも良いか,ということで,無線機のところまで引っ張るために,8mに決めました.
自宅のベランダ環境で試したところ,7MHz,14MHz,21MHzのいずれもSWRは1近くまで落ちるので,一安心.ただ,適当にCQを出しても全く反応が無いのが若干懸念されましたが,コンディションがあまり良くないのでしょうか?(この懸念が禍根を残す???).
同軸と比較して,平行フィーダーの仲間は長くても軽量なのはSOTAにとって嬉しいポイントです.