シールドあれこれ

シールドと言っても,電子工学の一般的なシールドでも,バリアのことでもありません.エレキギターとアンプをつなぐケーブルのことです.この業界?では,なぜかシールドと呼ばれています.とてもハイインピーダンスな系で外部ノイズが乗りやすいため,アース側でシールドされたシールド線なのでシールドと呼ばれるようになったのではないでしょうか?

エレキギターの弦の振動を電気信号に変換するマイクの役目をする部品はピックアップと呼ばれています.磁化した金属コアの周りに細い被覆線(今ならUEWでしょうかね?)をバーアンテナよろしく何千回も巻き付けたコイル構造になっています.エレキギターの弦も鉄にニッケルメッキ等の素材でできています.そのため,弦が振動すると,ピックアップの金属コアからの磁力線が弦の振動に引きずられて動き,それが前述のコイルを横切るため起電力が生じます.おそらくこれが電磁気学的な説明になるかと.
弦が磁性体で,それがコイルのそばで振動する,とか,磁界の中でコイルが振動するとかの単純な構造ではなく,コイルのコアが既に磁性体で,そこからはみ出た磁界を同じく磁性体で出来た弦がかき乱して,それをコイルがセンスするという,面白い構造です.最初に作った人はどこまで理解して発明したのかわかりませんが,くどい様ですが,面白い構造です(ある意味,金属探知機にも近いかな?だいぶ遠いけど).

かなり話が脱線しましたが,このピックアップに発生した起電力を全く増幅せずにそのままキャパシタや可変抵抗器等の受動素子だけを通過してエレキギターのジャックからシールドに入り,5mとか7mとかひっぱられて,やっとアンプに到着します.
何千回も巻かれた細いコイルからの起電力なので,インピーダンスは500[kΩ]とか1[MΩ]のオーダーになるため,ギターアンプの入力もそれくらいのインピーダンスでマッチングする様に設計されています.そのため,普通のアンプのライン入力(600[Ω])とかに接続しても音が鳴りません.
回路的には真空管のグリッドやFETのゲートで入力する感じですね(1[MΩ]のプルダウン抵抗付).

またまた,話がそれました.回路に詳しい人ならば気が付くと思いますが,とってもハイインピーダンスなのに5[m]とか7[m]も引っ張るというのは無茶な構造です.ですから,このシールドの特性次第でものすごく音が変わります.
オーディオの世界では,よく無酸素銅がどうの,半田は使わない方が良いだの,細かい話で音の良し悪しを語られています.エレキギターのシールドも,そんな世界かと思っていたのですが,この様に冷静に検討してみると,その様な難しい話ではなくても,少しの違いで大きく音質に影響を与えそうなことが想像できます.例えばシールドのキャパシタ成分の影響で簡単にハイ落ちしそうですし.

当初,ギターキットについてきたシールドを使って満足していました.6.3[mm]のプラグがついたケーブルは,それしかなかったので.
次に,JVCの一般的なオーディオケーブルを使ってみました.ギター用ではないので,普通に細いケーブルです.細いためキャパシタ成分が少ないらしく,高音の抜けが明らかに良くなりました...が,シールドされていないので,50Hzの電灯線ノイズを拾いまくりです.

それでは,ギター用に開発された専用シールドはどんなものでしょうか?世の中で評判の良いカナレのケーブルで試してみます.

それほど高くもなく,それでいてプロの世界でも使われている?と評判の良いケーブルです.早速使ってみましたが,明らかに調子良いです.何の不満も無いというか,ケーブルの存在を忘れる感じです.音がこもることもなく,ノイズも少なく.
ハイ落ちしてしまう,キャパシタ成分の多いシールドもそのままゴミにする必要はないかと思います.例えばエフェクタを出た後ならばかなりインピーダンスは下がっているので,そこで使えば影響は少ないでしょう.
長々と書いてしまいましたが,エレキギターの世界でとても特徴的なのがシールドだと思ったので,力が入りました.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.