リニアアンプの設計(その1)

三菱電機のRF用パワーMOSFETを使えば簡単なのはわかるのですが,結構なお値段もしますし,飛ばしたらお財布にも痛いです.最近はスイッチング電源用に高速かつ頑丈なMOSFETが安価に売られているので,これを利用しない手はないでしょう.鈴商でIRF530(単価200円)で入手してから設計開始です.スイッチング電源用のMOSFETは,ON/OFFで使うことが前提になっているので,増幅器に使おうと思うとデータシートの情報では不足気味です.とりあえず,回路シミュレーションだぁ!ということでLTspiceの登場です.「トロ活」他の回路を元に適当に設計して,シミュレーションを繰り返します.どうやらVgsが4Vを超えるとONになる特性なので,リニアアンプには使いやすいかも知れません(リニアアンプは入力電力も比較的大きいですよね,接続する無線機にもよりますが).

航空無線通信士

総通は和文モールスがあって一生?無理そうなので,それを除くと自分にとって無線系の最後の資格になります.海上無線通信士と似たような感じかと想像していたのですが,法規の内容が結構異なり,いろいろと勉強になりました.若い人が多く,懐かしい雰囲気の中での受験でした.送話の試験では,試験官の方から早過ぎることと,5文字毎に間をおくことなどの注意(というか,今後のために教えてくださった感じでした)を受け,結果が心配でしたが,なんとかパスした様です.ということで,今,免許証発行の手続き中です.

追伸:その後すごい早さで処理していただけたみたいで,一週間くらいで免許証が届きました.